清水義範『バールのようなもの』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『バールのようなもの』の表紙画像
タイトル
バールのようなもの
かな
ばーるのようなもの
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
バールのようなもの / 秘密倶楽部 / ○○についてどう思いますか (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
泥棒が使う「バールのようなもの」ってなんだ。ニュースで当たり前のように言われるそれを私は知らないのだ。そんな表題作を含む短編集。「○○についてどう思いますか」のオカマは『学問ノススメ』の大道寺。多分。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント