清水義範『名前がいっぱい』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『名前がいっぱい』の表紙画像
タイトル
名前がいっぱい
かな
なまえがいっぱい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第1話 匿名希望 / 第2話 学名と和名 / 第3話 ”さき”と”ゆうき” (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
匿名、学名、戒名など名前にこだわったコンセプチュアルな短編集。エッセイ風でもある。名前を付けることでそいつを認識できる、また名前がないものには不安になる、という構造がよく分かる「名前がほしい」が好き。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント