清水義範『死神』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『死神』の表紙画像
タイトル
死神
かな
しにがみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
死神
評価
★★★☆☆
レビュー
有名人の死に偶然立ち会った役者夫婦が、とたんに運が舞いこんだように脚光を浴びる長編。人が死ぬたびにコメントを求められ、ついには人の死を望むようになる。「死神」となる過程はシリアスタッチだが、まぁ普通。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント