清水義範『親亀こけたら』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『親亀こけたら』の表紙画像
タイトル
親亀こけたら
かな
おやがめこけたら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
親亀こけたら / 額田銀一郎の年譜 / 喪中につき (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
お得意の社会の断片を切り取った短編集。それぞれ仕掛けが入っているが、よく言えば素直で、悪く言えば薄い。中では「額田銀一郎の年譜」のマルチ人生ぶりがなかなか面白い。彼の著作では久しぶりに笑えた気がする。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント