清水義範『蛙男』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『蛙男』の表紙画像
タイトル
蛙男
かな
かえるおとこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一、水の章 / 二、草の章 / 三、虫の章 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
自分の体が徐々に蛙になってゆく。その変化は自分にしか見えていないらしい。愛する人にも話さずにただ受け入れてゆく。「それでも人を愛せますか」でなく「プールで泳ぐのが最近楽しい」なのがほのぼのとした限界。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント