清水義範『迷宮』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『迷宮』の表紙画像
タイトル
迷宮
かな
めいきゅう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一日目(犯罪記録) / 二日目(週刊誌報道) / 三日目(手記) (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
記憶喪失の男が治療と称して読まされる、猟奇的な性器切除事件の記録。ここから何を思い出せと言うのか? 自分は誰なのか? というシリアス系。ミステリーとしては弱いのだろうが、著者らしい言葉の綾が楽しめる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント