筒井康隆『魚籃観音記』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『魚籃観音記』の表紙画像
タイトル
魚籃観音記
かな
ぎょらんかんのんき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
魚籃観音記 / 市街戦 / 馬 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
白黒取り混ぜたバラエティ短編。見所は銃撃の最中に日常を演じ続ける「市街戦」だ。小説の有り方を考え続けているからこそできるシュールさで。「馬」は唐突に吉田戦車風。「建物の横の路地には」は局地的にキレイ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント