町田康『パンク侍、斬られて候』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『パンク侍、斬られて候』の表紙画像
タイトル
パンク侍、斬られて候
かな
ぱんくざむらいきられてそうろう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
パンク侍、斬られて候
評価
★★★☆☆
レビュー
謎の宗教腹ふり党と対決する時代小説に見せかけて。自意識が傷つかないよう不戦敗を選ぶニヤニヤ笑いや、自分で物を考えない足の引張りあいを斬捨てる現代批判。パンクのというより社会学者のようなメッセージ色だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント