保坂和志『小説、世界の奏でる音楽』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『小説、世界の奏でる音楽』の表紙画像
タイトル
小説、世界の奏でる音楽
かな
しょうせつせかいのかなでるおんがく
著者
NDC
901 文学>文学>文学理論 作法
目次
私たちの生を語る言語 / 緩さによる自我への距離 / グリグリを売りに来た男の呪文 (ほか)
所要
6時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
五体投地のような小説論三部作、完結編。「ついにここまで」というような到達感は(著者ほどには)僕にはないのだが、小島信夫の死を受けた前後の書き物は霧が晴れたような清明さがある。小説らしい小説を今後に期待。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント