保坂和志『生きる歓び』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『生きる歓び』の表紙画像
タイトル
生きる歓び
かな
いきるよろこび
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
生きる歓び / 小実昌さんのこと
所要
1時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
びっくりするほど唐突に終わる捨て猫の話と、普通に考えればエッセイなのだが小説だという田中小実昌の想い出。生死というテーマより、主人公の心の動かし方が同じなので統一感はある。生活としての生命の思索とか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント