舞城王太郎『阿修羅ガール』

現代文学100字レビュー

作品情報

舞城王太郎『阿修羅ガール』の表紙画像
タイトル
阿修羅ガール
かな
あしゅらがーる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一部 アルマゲドン / 第二部 三門 / 第三部 JUMPSTART MY HEART (ほか)
所要
4時間20分
評価
★★★★★
レビュー
混沌の街を粟立てる俺らが祭。恋する乙女を地で逝くアイコの精神の煉獄で、シャピーンて炸裂する寓意。真人間になれるように祈ろうじゃないか。終盤の辻褄合わせは稚拙ながら、前半の狂騒を掻き消す静寂が染み透る。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント