吉田修一『長崎乱楽坂』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『長崎乱楽坂』の表紙画像
タイトル
長崎乱楽坂
かな
ながさきらんらくざか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
正吾と蟹 / タローと炭酸水 / 明生と水玉 (ほか)
所要
2時間
評価
★★★★☆
レビュー
ヤクザの背中を見て育つ少年に宿命付けられた土地と家の呪縛。出入りする男達、女達、ヤサグレと優しみの描き方に時代を飛び越えるようなポテンシャルがある。このまま腰に重心落として書いていくと中上になるのか?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント