保坂和志『明け方の猫』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『明け方の猫』の表紙画像
タイトル
明け方の猫
かな
あけがたのねこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
明け方の猫 / 揺籃
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
夢の中で猫になっていた。慣れない手足を動かしては発見する新たな知覚。思考することが目的の小説なので、猫の歩幅で読者も世界の広さを思考することになる。記憶は何に凭れる? 「揺籃」は保坂には珍しく幻惑的。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント