清水義範『笑う霊長類』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『笑う霊長類』の表紙画像
タイトル
笑う霊長類
かな
わらうれいちょうるい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
肩凝り / 旅情 / ボノボ紫猿源氏 (ほか)
所要
2時間
評価
★★★☆☆
レビュー
得意な種類の短編集のはずなのだが落ちきらない、能天気じゃいられないどんより感が色濃い。肩凝りが原因での殺人事件も「ありうる」と思ってしまえば痛々しい。方向音痴の「タクシー」はその中でも突き抜けた笑い。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント