阿部和重『プラスティック・ソウル』

現代文学100字レビュー

作品情報

阿部和重『プラスティック・ソウル』の表紙画像
タイトル
プラスティック・ソウル
かな
ぷらすてぃっくそうる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
プラスティック・ソウル / 『プラスティック・ソウル』リサイクル
所要
2時間
評価
★☆☆☆☆
レビュー
話者も視点もぐちゃぐちゃに折り重なったドラッギーな作。分裂する自己って初期の方法論をもてあました結果、シンプルな混沌になってる。端的にいってやはり失敗作では…。「解説」が読み方をリードしすぎで鼻白む。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント