中原昌也『待望の短篇集は忘却の彼方に』

現代文学100字レビュー

作品情報

中原昌也『待望の短篇集は忘却の彼方に』の表紙画像
タイトル
待望の短篇集は忘却の彼方に
かな
たいぼうのたんぺんしゅうはぼうきゃくのかなたに
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
待望の短篇は忘却の彼方に / 血牡蛎事件覚書 / お金をあげるからもう書かないで、と言われればよろこんで (ほか)
所要
1時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
文学なんか書きたくないと言い続ける私(?)小説群。特に「凶暴な放浪者」での長口上「文学的才能もないのに三島賞なんてもらう悲劇」は小説にもジョークにもなってない。リアクションに困るよって無責任に笑う読者。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント