保坂和志『途方に暮れて、人生論』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『途方に暮れて、人生論』の表紙画像
タイトル
途方に暮れて、人生論
かな
とほうにくれてじんせいろん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
「生きにくさ」という幸福 / 老いることに抗わない / 家に記憶はあるか? (ほか)
所要
2時間30分
評価
★★☆☆☆
レビュー
著者にとって「小説を語る」ことは人生論そのものだったりするわけだが、「この社会で生きること」を考えることはやっぱり彼の小説観と同じ地平にある。とりとめない話ばかりなのに気軽にも読めないタチの悪い随筆。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント