町田康『テースト・オブ・苦虫 3』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『テースト・オブ・苦虫 3』の表紙画像
タイトル
テースト・オブ・苦虫 3
かな
てーすとおぶにがむし3
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
手書きの入魂の滅裂 / 顔二種 / 実るほど頭が反り返るあほんだらかな (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★☆☆☆
レビュー
シリーズ第三弾。って言わずとも町田随筆の匂いはみな共通でもう苦虫すら噛んでなかったりするのだが、今回も重箱の隅に泥詰めてどろどろ。「下積みのチンジャオ」とか破格の語彙に目が覚める気がしながら読むべし。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント