清水義範『大人のための文章教室』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『大人のための文章教室』の表紙画像
タイトル
大人のための文章教室
かな
おとなのためのぶんしょうきょうしつ
著者
NDC
816 言語>日本語>文章 文体 作文
目次
打つか、書くか / とはいうものの接続詞 / 長短とテンマル (ほか)
所要
1時間
評価
★☆☆☆☆
レビュー
接続詞の役割とか読点打つリズムだとか基礎的でユルめの文章教本。手紙や企画書、紀行文などの具体的な留意点もあり新書的な実用が目されているが、第一義が「伝えるための心」だったりしてそりゃそうなんだけどさ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント