筒井康隆『パプリカ』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『パプリカ』の表紙画像
タイトル
パプリカ
かな
ぱぷりか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
パプリカ
所要
4時間30分
評価
★★★★★
レビュー
美人サイコセラピストが夢の中にジャックインして精神治療するサイバー系エンタメ。現実との境界が徐々に揺らいでゆくという予想できる展開ながら、怪物暴れまくりの終盤のスペクタクルは痺れるような想像力の渦だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント