吉田修一『女たちは二度遊ぶ』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『女たちは二度遊ぶ』の表紙画像
タイトル
女たちは二度遊ぶ
かな
おんなたちはにどあそぶ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
どしゃぶりの女 / 公衆電話の女 / 自己破産の女 (ほか)
所要
1時間20分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
男と女のショートストーリー集。11人の個性的な女性を描きながら語る男ばかりが前景に出てくるような造り。さらりとしてて印象に残らないのが現代的ですか。あるいは「昔の恋人を覚えていない男」を描く趣旨ですか?
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント