大江健三郎『取り替え子』

現代文学100字レビュー

作品情報

大江健三郎『取り替え子』の表紙画像
タイトル
取り替え子
かな
ちぇんじりんぐ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
序章 田亀のルール / 第一章 Quarantineの百日(一) / 第二章 「人間、この壊れやすいもの」 (ほか)
所要
5時間
評価
★★★☆☆
レビュー
もちろんそんなとこに留まってる小説ではないんだけど、義兄・伊丹十三の自死を主題に、現実に同定可能な事象が並んでて、どうしてもなぞって読む。そうすると松山の回想エピソードを理解しそこねてしまうんだよな。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント