橋本治『愛の矢車草』

現代文学100字レビュー

作品情報

橋本治『愛の矢車草』の表紙画像
タイトル
愛の矢車草
かな
あいのやぐるまそう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 愛の陽溜り / 第二章 愛の狩人 / 第三章 愛の牡丹雪 (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★☆☆☆
レビュー
初期習作染みた短編群。ストレートでない性癖ばかりでこれを「愛」だというスカしだけで最後まで突っ走る。下着泥棒の「愛の狩人」でぶちまけられる意味不明な演説が、意味不明なりの説得力で笑える。救われないが。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント