清水義範『清水義範ができるまで』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『清水義範ができるまで』の表紙画像
タイトル
清水義範ができるまで
かな
しみずよしのりができるまで
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第1室 小説 / 第2室 読書 / 第3室 言葉 (ほか)
所要
3時間
評価
★★☆☆☆
レビュー
雑文集ではあるのだが体系的な編集がソツなくて、まとまった読み物を読んだ感覚にはなる。パスティーシュの生まれてくる源泉(だらだらテレビ?)だとか、作風を成り立たせているベーシックなところを真面目に語る。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント