町田康『テースト・オブ・苦虫 5 おそれずにたちむかえ』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『テースト・オブ・苦虫 5 おそれずにたちむかえ』の表紙画像
タイトル
テースト・オブ・苦虫 5 おそれずにたちむかえ
かな
てーすとおぶにがむし5おそれずにたちむかえ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
やってみたら百難千苦だったよ / こんなことにいち早く気がついたオレは偉い / 集中しろ。にやにや笑うな (ほか)
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
ブックデザインから言って四巻で終了と思ってたシリーズの続刊。相変わらずのぐだぐだぶりに思わず酢蛸を丸呑みするのであるが、町田の自然な随想と自然な文体がコレである、という事実を甘んじて受け入れたいとも。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント