宮沢章夫『牛乳の作法』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮沢章夫『牛乳の作法』の表紙画像
タイトル
牛乳の作法
かな
ぎゅうにゅうのさほう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
歩く / 恐れる / 読む (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
「牛乳を振って飲む男たち」とか着目点としても売られ方としても彼の他の「笑えるエッセイ」に属するものなのだが、それも演劇論の一部であったり、真面目な土台を強めに出してる。結果的に笑えないがそれはそれで。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント