町田康『真説・外道の潮騒』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『真説・外道の潮騒』の表紙画像
タイトル
真説・外道の潮騒
かな
しんせつげどうのしおさい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
真説・外道の潮騒
所要
4時間
評価
★★★☆☆
レビュー
「業界人」の非常識に卒倒するフィクション第二弾。ブコウスキーの足跡をマーチダが訪ねるテレビ撮影の乱暴さを断罪。前作はキュートな自虐もあったのだが、今回は彼も痛々しいまでの迫真で笑えない。恐ろしいです。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント