荻原浩『押入れのちよ』

現代文学100字レビュー

作品情報

荻原浩『押入れのちよ』の表紙画像
タイトル
押入れのちよ
かな
おしいれのちよ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
お母さまのロシアのスープ / コール / 押入れのちよ (ほか)
所要
3時間
評価
★★★☆☆
レビュー
ホラー&サスペンス風味な作品集。表題作はほのぼの少女幽霊モノなのだが、彼女との会話をもっと見てみたいな。逆に言えば短編として切り落とせてない。「予期せぬ訪問者」のコミカル味あたりはこなれてて良い感じ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント