吉田修一『悪人』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『悪人』の表紙画像
タイトル
悪人
かな
あくにん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 彼女は誰に会いたかったか? / 第二章 彼は誰に会いたかったか? / 第三章 彼女は誰に出会ったか? (ほか)
所要
4時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
出会い系サイトで出会った男女の殺人事件。社会的注目の中で、当事者達の折り重なる心情が描かれる。ソツもなく。悪とは何か?を考える作品とすると答えに辿りつけず終わる印象。でも「被害者の父」の想いには泣く。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント