村上春樹『1Q84 BOOK3』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『1Q84 BOOK3』の表紙画像
タイトル
1Q84 BOOK3
かな
いちきゅうはちよん3
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第1章(牛河)意識の遠い縁を蹴るもの / 第2章(青豆)ひとりぼっちではあるけれど孤独ではない / 第3章(天吾)みんな獣が洋服を着て (ほか)
所要
6時間20分
評価
★★★★★
レビュー
待望の第三巻。「ラブストーリーである」という世間の評を肯うように、青豆と天吾の引き合う力に焦点をあわせて圧倒、美しいまでの完結感。そのぶん精神サイド、リトル・ピープルなどに謎は残ったままなのが焦れる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント