筒井康隆『七瀬ふたたび』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『七瀬ふたたび』の表紙画像
タイトル
七瀬ふたたび
かな
ななせふたたび
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
邂逅 / 邪悪の視線 / 七瀬 時をのぼる (ほか)
所要
2時間50分
評価
★★★★☆
レビュー
『家族八景』に続く七瀬モノ。心に秘める悪意を描く装置としての精神感応(テレパス)から一転、予知・透視・念動・タイムトラベルまで、派手な超能力バトルの娯楽作品に。や、単純に楽しい。そら映画化しやすいよね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント