川上未映子『乳と卵』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上未映子『乳と卵』の表紙画像
タイトル
乳と卵
かな
ちちとらん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
乳と卵 / あなたたちの恋愛は瀕死
所要
1時間40分
評価
★★★★★
レビュー
豊胸手術を願う母と、自問する娘、母の妹である観察者わたしによる「女という性」論。構造もテーマも非常に分かりやすくて、鮮烈なクライマックスも「芥川賞狙い」と言えば言えるけど、素直に感動した。文体も好み。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント