町田康『バイ貝』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『バイ貝』の表紙画像
タイトル
バイ貝
かな
ばいがい
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
バイ貝
所要
1時間40分
評価
★★☆☆☆
レビュー
鬱を散じるために買い物をしようという生活。どうでもいいことをくどくどしく語る芸風はいいのだけれど、本作ではネタが「高い鎌、安い鎌のどちらがお買い得か」の類で、グダグダにもほどがある。これでは鬱は増す。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント