筒井康隆『虚航船団』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『虚航船団』の表紙画像
タイトル
虚航船団
かな
きょこうせんだん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 文房具 / 第二章 鼬族十種 / 第三章 神話
評価
★★★★☆
レビュー
鼬たちの惑星クォールを殲滅する指令を受けた宇宙船。乗組員は文房具。地球に模してクォールの歴史が綴られる第二章はひたすら忍耐なのだが、その後にイメージの美とも言うべき「怒涛」がやってくる。寂しくも壮絶。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント