筒井康隆『邪眼鳥』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『邪眼鳥』の表紙画像
タイトル
邪眼鳥
かな
じゃがんちょう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
邪眼鳥 / RPG試案-夫婦遍歴 /  (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
莫大な遺産を残して死んだ父。葬儀の夜に初めて聴かされた、歌手だった頃の父のレコードが、兄妹弟たちをゆっくりと狂わせてゆく。それぞれ父の影を求めて現実から逸脱してゆく風景は、剥がれた皮膚のように赤黒い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント