筒井康隆『敵』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『敵』の表紙画像
タイトル
かな
てき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
朝食 / 友人 / 物置 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
一人気ままな余生を送る老人の日常。章毎にそのこだわりに満ちた身辺を「全部文章化する」勢いの執念的描写で追い詰める。平和で甘美な妄想生活が「敵」の襲来によってわやになってゆく雪崩落ち感はやっぱり上手い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント