山川健一『綺羅星』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『綺羅星』の表紙画像
タイトル
綺羅星
かな
きらぼし
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
綺羅星 / 月夜野の風 / 四季(春 川の流れ/夏 少年/秋 羚羊/冬 雪の朝)
評価
★★★★★
レビュー
無害な版画を量産し続ける永田。あの頃の煌きはどこへ行ったのか。尊敬し、憎悪した永田はもういないのか。生きるためこの絶望の正体を知らなければ。永田の影として激情の炎となる主人公が痛々しい表題作ほかニ編。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント