山川健一『水晶の夜』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『水晶の夜』の表紙画像
タイトル
水晶の夜
かな
すいしょうのよる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 彼女は夜が明ける前に / 第二章 エッジへ滑りはじめたぼくらの世界 / 第三章 星空の下で神について語る (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
森が死のうとしている。美しい自然が終わろうとしている。森で暮らす主人公のもとへ届く召集令状。狂った世界なら拒否するだけだと彼は逃げのびる決意をする。終盤は銃撃戦もあるSF的長編。宗教の嘘も主題のひとつ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント