橋本治『風雅の虎の巻』

現代文学100字レビュー

作品情報

橋本治『風雅の虎の巻』の表紙画像
タイトル
風雅の虎の巻
かな
ふうがのとらのまき
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
花の名前は知らねども / 鳥のように / 風の音を知れ (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
「風雅」を身に付けるためのハウツーに見せかけながら、日本の歴史としての身分制議論や、和歌の鑑賞法など、好きなことをやってるだけ。「日本料理屋にいる乳母」だとか新しい視点はいっぱいある。現代においても。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント