保坂和志『プレーンソング』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『プレーンソング』の表紙画像
タイトル
プレーンソング
かな
ぷれーんそんぐ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
プレーンソング
評価
★★★☆☆
レビュー
何も書くことのない時代の純文学として模範的な善良さ。随所に著者の主張は現れるが、四人の共同生活たる平和な日溜り、平凡の反復が心地よい。なのでラスト間際の緊張感が吹っ飛んでる(ふりしてる)部分だけが違和。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント