保坂和志『草の上の朝食』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
草の上の朝食
かな
くさのうえのちょうしょく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
草の上の朝食
評価
★★★★☆
レビュー
『プレーンソング』の続編で、平凡で非生産的な彼らのその後が描かれる。均質な日々を志向する主人公の(あるいは著者の)正攻法なゆるさを堪能しよう。じわりと「愛のようなもの」が現れてくるあたりは絶妙な間だし。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント