保坂和志『季節の記憶』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『季節の記憶』の表紙画像
タイトル
季節の記憶
かな
きせつのきおく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
季節の記憶
評価
★★★★★
レビュー
父と息子、友人たちとの静かな稲村ガ崎。父は浮世離れしてるようでいて厳格に自己規定しているし、息子クイちゃんもその影響下にあるのだが、この関係がすごくいい。クイちゃんの純真が物語を愛らしく中和しながら。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント