保坂和志『残響』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『残響』の表紙画像
タイトル
残響
かな
ざんきょう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
コーリング / 残響
評価
★★★☆☆
レビュー
表題作ももう一編も視点の転換が目まぐるしく、油断してたら迷子になりそうになる。遠く隔たった者たちと肩を寄せ合う事は可能なのか、一人一人がいかに響き合いうるのか。そこには偶発的要素なんてないんだと思う。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント