保坂和志『アウトブリード』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『アウトブリード』の表紙画像
タイトル
アウトブリード
かな
あうとぶりーど
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
『愛』 / やっぱり猫のこと、そして犬のこと / 重層の時間 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
作家として事象とどう向き合っているのかがよく見えるエッセイ。だから彼の小説がしっかりした哲学に裏打ちされながらも柔らかな世界観を提供しているその理由がわかる。思考の純粋な状態はないという小論が示唆的。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント