保坂和志『書きあぐねている人のための小説入門』

現代文学100字レビュー

作品情報

保坂和志『書きあぐねている人のための小説入門』の表紙画像
タイトル
書きあぐねている人のための小説入門
かな
かきあぐねているひとのためのしょうせつにゅうもん
著者
NDC
901 文学>文学>文学理論 作法
目次
1章 小説を書くということ / 2章 小説の外側から / 3章 何を書くか? (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
元より特殊な書き方(ルール決めとか)をする作家による小説作法は、どう書けばよいかではなく「私はこう書いてます」とやっちゃうこの工法で正解。参考にできないまでも、小説がどのように捉え得るのかという幅がね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント