町田康『くっすん大黒』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『くっすん大黒』の表紙画像
タイトル
くっすん大黒
かな
くっすんだいこく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
くっすん大黒 / 河原のアパラ
評価
★★★★★
レビュー
パンクロッカー町田町蔵の作家デビュー作。ダメな人間のダメな生活を楽しげに描く。置物の大黒みたいに役立たずで、だからこそ生きていけるんだ。へろへろした文体なのに高速移動している。この浮遊感がたまらない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント