町田康『屈辱ポンチ』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『屈辱ポンチ』の表紙画像
タイトル
屈辱ポンチ
かな
くつじょくぽんち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
けものがれ、俺らの猿と / 屈辱ポンチ
評価
★★★☆☆
レビュー
小品な表題作よりも「けものがれ、俺らの猿と」の方が不埒でよい。これまでのような能動的に路頭に迷う男ではなく、壊れた外部にとりこまれてゆく男の話なのだが、その暴力的な破綻ぶりは小説として失格。てな佳作。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント