町田康『つるつるの壺』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『つるつるの壺』の表紙画像
タイトル
つるつるの壺
かな
つるつるのつぼ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
ロックの老いの坂 / おめえ、生きててつらいだろ? / 地獄の鉄板 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
エッセイ集。『くっすん大黒』などの文体そのままで安心する。これが彼における地なのだろうか。パンク歌手と自己規定する道化は「笑わせてナンボ」が明確で気持ちいい。それでいて自信溢れる言葉っぷりが後に残る。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント