町田康『土間の四十八滝』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『土間の四十八滝』の表紙画像
タイトル
土間の四十八滝
かな
どまのしじゅうはったき
著者
NDC
911 文学>日本文学>詩歌
目次
猿ぼんぼん / 俺も小僧 / 飯屋が再び (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
詩集になるのかな。町田小説の文体なのだけれど、分かち書きにするだけで行間の悪意がくっきりする。こんなに売れてても「賤民、水上スキーの稽古して」なんて言葉を惜しげもなく使って、なおも売れてしまうのだね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント