町田康『権現の踊り子』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『権現の踊り子』の表紙画像
タイトル
権現の踊り子
かな
ごんげんのおどりこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
鶴の壺 / 矢細君のストーン / 工夫の減さん (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
初の「ちゃんとした」短編集か。踊りながら時代劇を鑑賞してる町田の姿が浮かぶ逸品から小さな退廃までいろいろだが、彼なりの勧善懲悪ちゅうか何を善しとするのかが垣間見える。それを瑣末と読んでしまうと無意味。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント